ファッション×メディア×生活者調査「FABCO」2017

「FABCO」とは?

当社では生活者約1万人を対象とした定量調査「FABCO (Futaba’s Assessment of Brands & Consumer)」を毎年1回、定期的に実施しています。
「ブランド×メディア×生活者」をあらゆる角度から調査し、ファッション・ライフスタイル分野の「今」を把握します。

調査概要

  • 対象者
    20-59
    歳の男性・女性
  • サンプル数
    12,000
  • ブランド数
    (アパレル・服飾雑貨)
    400
  • 関東・関西
    主要商業施設
    100
  • 主要ソーシャルメディア・
    デジタルメディア
    100
  • 主要雑誌
    (男女延べ)
    145

*調査手法:インターネット調査
*上記は2016年8月調査分に基づくものであり、調査年度により設問項目等が異なります

FABCOでわかるデータサンプルと活用例

「ブランドユーザープロフィール」「商業施設利用者分析」「ファッション情報源」「雑誌読者分析」「ソーシャルメディア利用状況」
などの分析に終わるだけでなく、各種プロモーションへの活用方法含めたご提案が可能です。
また、お客様のニーズに合わせて下記で紹介しているサンプルデータの他にもさまざまな分析を実施することができますので、
詳細はお問い合わせください。

調査例1:「ファッションポジティブ男子」

20-34歳の男性のうち、1年間にファッションアイテムを10万円以上購入する高感度の男性を「ファッションポジティブ男子」と定義し、該当するサンプルの解析を行います。


特徴

  • ファッションが生活の中心。
  • ファッションへの投資を惜しまない。自分の中で価値があると思えば高額でも手に入れる
  • アクティブで行動範囲が広い



ファッション意識

  • ファッションはアイテムは高くても品質のよいものを買う 60.4%(+30%)
  • 気に入ったものがあれば値段が高くても買う 58.5%(+23%)
  • ファッションが大好き 57.3%(29%)
  • ファッションのことを考えたり、人に伝えるのが楽しい45.7%(22%)
  • ファッションにもっとお金をかけたい 49.4%(19%)
*()は20-34歳男性全体の数値との差分


買いものや遊びでよく行く街

  • 銀座  36.6%(13%)
  • 丸の内 25.9%(12%)
  • 表参道 19.6%(7%)
  • 中目黒 16.1%(10%)
*()は20-34歳男性全体の数値との差分


データ活用例

  • ポジティブ男子の意識・行動特性を把握することで、ペルソナ化
  • ポジティブ男子のインサイトを知り、効果的なコミュニケーション設計など

調査例2:ブランドA購入経験者

ブランドAの商品購入経験があるユーザーのライフスタイル、ファッションにまつわる嗜好を調査しデータを収集します。


購入経験者の特徴

  • 年齢層:30~44歳が約半数
  • 既婚率:約7割
  • 職業:フルタイム勤務者が約半数
  • ファッションの参考にしている人たち:「モデル」「スタイリスト」など高感度な人たち

年齢による比較

職業による比較

ファッションを参考にしている人

未既婚の割合

購入経験者の特徴

  • 顧客分析
  • 競合ブランドの購入者との比較・分析

上記調査例は、2016年8月に以下の方法で調査を行った結果得られたデータに基づいています。
調査手法:インターネット調査
調査対象者:20-59歳の男性・女性
調査サンプル数:12,000名

    FEATURED WORKS

    LAUNCH METRICS - ローンチメトリックス ローンチメトリックス

    「LAUNCHMETRICS」は、ファッション・ラグジュアリー、ビューティ業界に特化したマーケティング・PR業務の価値の最大化を支援するSaaS型クラウドサービスです。

    Learn More詳しく見る